HIV感染症(エイズ)の症状や検査で悩むあなたに役立つ情報を提供するサイトです。
新着コンテンツ
  • HOME »
  • 新着コンテンツ »
  • 基礎情報編

基礎情報編

中高年にいきなりエイズが多いわけ?

12月1日は世界エイズデーでした。日本でもHIV感染予防の啓蒙を図ると同時にエイズに対する正しい知識、情報を多くのメディアが発信していました。 そうした情報発信の中で多かったのが、 「中高年にいきなりエイズが多い」 とい …

性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016から

日本性感染症学会より、「性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016」がネット上で無料公開されています。 今回はこの中から、HIV感染症、エイズに関する情報をピックアップしてあなたにもご紹介したいと思います。 例によって …

体液中のHIV濃度って?

HIVが感染する可能性がある体液としては、血液、精液、膣分泌液、母乳などがあります。その他の涙や唾液などでは感染しません。 では、感染の可能性がある体液中のHIV濃度はどれも同じでしょうか?それとも同じく感染力はあっても …

いきなりHIVとは?

あなたは「いきなりHIV」を知っていますか? いえ、「いきなりエイズ」じゃないですよ。「いきなりHIV」です。 今回は私がネットで見つけた「いきなりHIV」の情報を甥っ子の陽介に話します。あなたもいっしょに聞いて下さい。 …

HIV/エイズは全数報告

厚生労働省エイズ動向委員会から定期的にHIV感染者やエイズ患者の動向が発表されます。 これは感染症法に基づく全国の医療機関からの報告をまとめて発表しているものです。では、どんな仕組みでHIV感染者、エイズ患者の動向は報告 …

HIV・エイズのテストをやってみよう!

あなたはHIVやエイズについてどの程度情報、知識を持っていますか?今回、テスト形式で基本情報を50問用意しました。 さて、あなたは何問正解出来るかな?私の甥っ子といっしょに問題を考えてみて下さい。 (甥っ子陽介)おじさん …

エイズの死亡率は?

HIVに感染しエイズを発症した後、もしも何も有効な治療を行わずに放置していた場合、患者の死亡率はどのくらいでしょうか。 今回私が調べたことを甥っ子の陽介に話しますのであなたもいっしょに聞いて下さい。 (甥っ子陽介)おじさ …

UNAIDS用語ガイドラインとは?

国連合同エイズ計画(UNAIDS)から用語ガイドラインの2015年日本語版がネット上で公開されました。 私が読んでみてこれは!と思うものを甥っ子の陽介に話したいと思います。あなたも一般知識としていっしょに話を聞いてもらえ …

CD4数とHIV-RNA量(補足資料)

以前、CD4数とHIV-RNA量について説明しましたが、今回はその補足説明です。 私が追加で調べたことを甥っ子の陽介に話しますので、ぜひあなたもいっしょに聞いて下さい。HIV、エイズの一般情報をとしてお役立て下さい。 な …

補足資料・HIV陽性はどこで見つかった?

現在日本国内では毎年ほぼ1,500人ほどのHIV感染者が報告されています。(エイズ発症も含む) では、こうしたHIV陽性者の皆さんは、どこでHIV陽性判定を受けたのでしょうか。独立行政法人 国立国際医療研究センター エイ …

HIVの細かい分類、ご存知ですか?

一口にHIVといっても、実はHIV-1とHIV-2の2種類があります。それはたぶん、かなりの人がご存知だと思います。 では、HIV-1の中にも4種類あって、その中の1種類には更に11種類もあるのをご存知ですか? つまり、 …

HIVはいつ、どこからやってきた?

1980年代にアメリカで初めて発見されたエイズ患者。そのウイルスであるHIVは、いったいどこから人間社会へ現れたのでしょうか? 私が甥っ子の陽介に説明するのであなたもいっしょに聞いてください。・ (甥っ子陽介)おじさん、 …

HIVとエイズのちがいは?

HIVとエイズの違いをあなたは正確に言えますか? ちょっと前になるのですが、ネット上の公開番組でエイズの特集をやっていました。医療の専門家と一般の男女が参加してトークをしながらHIVやエイズの知識を学ぶという趣旨の番組で …

HIV-1とHIV-2はどうちがう?

HIV-1とHIV-2はどうちがうかご存知ですか?それより前に、あなたはHIVに2種類あると知っていましたか? 日本で報告されたHIV感染者のほとんどはHIV-1であり、HIV-2はこれまでに数件しか報告されていません。 …

HIV、エイズの正しい表現は?

HIVやエイズに関する正しい表現方法を説明します。案外間違った使われ方をしているケースがありますよ!   (私)HIVやエイズについて正しい言葉の使い方を知ってるかい? (陽介)うーん、何となく知ってるつもりだ …

エイズはもう怖くない?

ここ数年は保健所におけるHIV抗体検査の受検数が減少しています。その一方でHIV感染者は増加しています。これは世間におけるエイズの関心が低くなったせいだと指摘されています。 確かに様々なメディアにエイズが登場する機会は減 …

「いきなりエイズ」とは?

「いきなりエイズ」とは、HIVに感染していることに気付かず、エイズを発症してから分かることを言います。文字通り、「いきなり」エイズを発症してしまうことです。 ・ 今回は「いきなりエイズ」の問題点を私が甥っ子の陽介に話しま …

ウイルス学的セットポイントとは?

今回はウイルス学的セットポイントについて説明したいと思います。 HIVに感染した後、体内では増殖しようとするウイルスとこれを退治しようとする免疫細胞が壮絶な闘いを繰りひろげます。何も自覚症状の出ない無症候期にもこの闘いは …

HIV RNA量の検出限界とは?

つい最近、厚生労働省のエイズ研究班がHIV感染者のウイルス量を調査した結果を公開しました。調査は現在全国9ヶ所の医療機関で抗HIV治療を受けている1,100人の患者さんを対象に行ったもので、体内のHIV RNA量がどのく …

HIV感染は一般病院と診療所で見つかる?

日本では毎年約1,500人ほどの新規HIV感染者が報告されています。どこで見つかることが多いのでしょうか? 日本では医療機関でHIV感染が見つかった場合、7日以内に都道府県知事に報告するよう法律で定められています。(罰則 …

1 2 »

あなたの自宅でHIV検査

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

応援お願いします!

役に立ったと思ったらクリックをお願いします。 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.