HIVはオーラルセックスでも感染する。」これはどの専門書、医療サイトを見てもそう書いてあります。しかし、その感染確率はとても小さく、0.01%以下と言われています。

では、本当にHIVはオーラルセックスで感染するのでしょうか?私が調べたことを甥っ子の陽介に話します。

(甥っ子陽介)おじさん、オーラルセックスでHIVが感染するって、ホントですか?
陽介
(私)陽介、確率は低いけど本当だよ。いろんな専門書や専門サイトにもそう書いてある。
私

(陽介)おじさん、前にHIVはオーラルセックスでも感染すると教えてくれましたね?

(私)ああ、そうだよ。『これでHIVに感染する?しない?』って話のときだね。

(陽介)はい。それと『HIV感染の確率データ』という話でも出てきましたね。

(私)うん、そうだったね。

(陽介)でも、つい最近なんですけど、ネットの相談サイトでオーラルセックスによるHIV感染の書き込みを見つけたんですよ。

(私)ほほ~、どんな書き込みだい?

(陽介)自分のHIV感染を心配する男性が、その相談サイトで回答する医者に対して、「過去にオーラルセックスでHIVに感染した患者を実際に診たことがあるか、聞いたことがあるか?」という質問をしたんですよ。

(私)なるほど。それで医者の回答は?

(陽介)それがですね、「診たことも、聞いたこともない。」でした。

(私)う~ん、そうだろうな。そもそもHIVの専門医でなければHIV感染の患者を診察する機会そのものが少ないだろうし。

(陽介)そうですよね。

(私)仮にHIV感染者を診察したとしても、その感染ルートをオーラルセックスによると特定するのは極めて難しいと思うよ。なぜなら、普通に考えてオーラルセックスは他の性行為と共に行われる訳で、どの行為で感染したのか分からないと思う。厚生労働省エイズ動向委員会の資料でも「性的接触」とひとくくりにしてる。

(陽介)おじさんの記憶でも、オーラルセックスによるHIV感染の実例ってないですか?

(私)あるよ。たった1件だけどある。太融寺町谷口医院の谷口医師のブログに実例が出てくる。その患者さんは、たった一度のオーラルセックスでHIVに感染したそうだ。⇒『間違いだらけのオーラルセックス』

(陽介)それもまたすごい確率ですね。不運だったとしか言いようないですね。

(私)HIVは粘膜感染するから、オーラルセックスも理屈の上からは感染の可能性がある。挿入行為に比べれば感染確率が非常に小さく、先の医師のように医者でも実例を知らない場合が多い。でも、どんなに小さくても、可能性が存在する限り用心する必要があるね。

(陽介)ホントにそうですね。

(私)『HIV感染の確率に意味があるか?』という話でも言ったけど、感染確率によって安心したり、心配したりするのはあまり意味がないと思うよ。少しでもHIV感染の不安があるなら検査を受けることだね。

(陽介)それがたった一度のオーラルセックスだけであったとしても、ってことですね。

(私)そういうことだね。ただ、オーラルセックスからの感染で言えばHIVより咽頭クラミジア、咽頭淋菌の感染が圧倒的に多いので、HIVと同時にそれらの検査も受けた方が安心出来るね。じゃ、今回はこれで終わりにしよう。

(陽介)なるほど。分かりました。ありがとうございました。

アイコンボタン検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけ。
バナー4

自宅で保健所や病院と同等の信頼性
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりずっと危ない!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
(男女共通
・重複感染の検査
¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気! 5種類を同時に検査
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから