現在日本国内では毎年ほぼ1,500人ほどのHIV感染者が報告されています。(エイズ発症も含む)

では、こうしたHIV陽性者の皆さんは、どこでHIV陽性判定を受けたのでしょうか。独立行政法人 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター(以下ACCと呼ぶ)に少し古いデータが紹介されていました。

■HIV感染症の基礎知識(ACC)

この中に、「ACCにおける新規登録患者の診断契機」と言うデータが入っていました。これは、ACCへHIV陽性者として治療を受けにきた患者が、どこの医療機関でHIV陽性と分かったのか、それを調べたデータです。

さっそく結果をご覧頂きましょう。

ACCへの契機

グラフをご覧頂いてお分かりのように、最も多かったのは何かの病気で病院にかかりそこでHIV陽性が分かったケースです。このケースですぐに思いつくのは2つあります。

●梅毒、クラミジア、淋菌などの性感染症にかかったとき、あるいは疑われるとき。この場合は感染ルートが共通なのでHIV検査まで行うことが多く、そこでHIV陽性が見つかることがあります。

●エイズ指標疾患を含む症状が出ている場合。HIV感染による免疫力低下は多岐に渡る症状が出ます。そうした症状からHIV感染を疑い、検査を行った場合ですね。

その次に多かったのが保健所でHIV陽性が見つかったケースです。年間に約13万人から14万人がHIV検査を受けています。

そしてその次に多かったのは手術前のスクリーニング検査でHIV陽性が見つかったケースです。あなたが何かの病気で手術を受けるとき、院内感染防止や治療のために多くの病院ではHIV検査を行っています。

ACCのデータでは、手術前と並んで検査前スクリーニング検査とも書かれていました。何かの検査を行う前のスクリーニング検査と言うことになるのですが、具体的にはどんな検査の前に行うのか、ちょっと分かりませんでした。

また、自己希望で病院でHIV検査を受けた場合、妊婦健診でHIV検査を受けた場合がどこに含まれるのか、それもちょっと分かりませんでした。ただ、病院でHIV陽性が分かったケースが全体の64%であった、と言うことです。

そして最後は献血でHIV陽性が分かったケースです。献血でHIV陽性が分かっても本人には告知しないのが建前ですが、実際には非公式に本人へ告知が行われています。今回のACCのデータもそれを裏付けています。

もしも本人へ告知をしないのなら、ここに献血がデータとして上がってくることはあり得ません。ただし、だからと言って献血がHIV検査の代わりに使えると言うことでは決してありません。ここは誤解しないで下さい。

詳しくは関連記事をお読み下さい。⇒『献血でHIV感染が分かるか?』

以上のように、ACCへ治療を受けにきたHIV陽性者の64%は病院でHIV陽性が分かり、33%は保健所、2.3%は献血で分かったと言うことです。

さて、手術前のHIV検査や他の病気でたまたまHIV陽性が見つかった人は、ある意味偶然HIV陽性が見つかった訳です。もしかしたらHIV陽性に気付かず数年後に「いきなりエイズ」を発症していたかも知れません。

こうしたケースでHIV陽性が見つかった人もけっこう多いと思います。HIV陽性は大変辛いことですが、せめてエイズ発症前に見つかれば予後が随分違います。

そう考えると、改めて早期のHIV検査が大事だと痛感します。もしもあなたが少しでもHIV感染不安を感じたら自覚症状の有無にかかわらずHIV検査を受けて下さい。

■関連記事:この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

『HIV感染は一般病院と診療所で見つかる?』

『HIV検査を受けた理由は?』

アイコンボタン「まさか自分が・・・」 エイズ発症前にHIV検査。

アイコンボタン検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけ。
バナー4

悩むだけでは解決しません。不安があれば今すぐ検査!
タイプJフッター3 ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。
¥4,600+消費税

矢印STDチェッカー TypeJ
重複感染は単独よりずっと危険!ぜひ3種同時検査!
タイプOバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。
¥7,750+消費税

矢印STDチェッカー TypeO
このキットはなぜ一番人気か?それには理由があります。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気をまとめて検査。
¥9,200+消費税

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから