今からちょうど6年くらい前、私はSTDチェッカーと出会いました。

以前、『STD研究所を選んだ理由』と言う記事を書きました。私が自分のHIV感染不安に悩み、検査キットを使おうと決めた時、なぜSTDチェッカーを選んだか記事にしたものです。

今、6年前を思い出すと冷や汗が出てきます。

このサイトでは私がえらそうに甥っ子の陽介に教える形でHIVやエイズに関する情報を書いています。でも、本当はそんなえらそうには言えないのです。

6年前の私は本当にみじめなもんでした。自己嫌悪の固まりであり、小心者、臆病者でした。全くみっともないくらいHIV感染に怯えていました。

「早期のHIV検査は救命的検査です。」

なんてえらそうに書いてますが、言うのは簡単、でも検査を受けるのは大変。勇気のいることです。それは3ヶ月もHIV検査の前で立ちすくんでいた私にはよく分かります。

先ほどご紹介した記事にも書きましたが、私は本当は保健所だけでHIV検査をやるはずで、STDチェッカーとは出会わないはずだったのです。

それがたまたま保健所の予約が随分先までいっぱいで、仕方なしに自宅でHIV検査キットを使うハメになったのです。あの時すんなり保健所でHIV検査を受けていたらSTDチェッカーも知らずじまいだったに違いありません。

でも、そんな事情にせよSTDチェッカーを知り、その後保険所でもHIV検査を受け、両方を体験した私に言わせるとSTDチェッカーにも立派な存在理由、存在意義があるなと思います。

これは人に依るのですが、どうしても保健所には行きたくない人がいます。下手すると保健所まで行ってHIV検査を受けずにUターンする人までいるかも知れません。

そんな人がHIV感染不安を晴らすには、STDチェッカーはものすごく有難い存在です。

「もしも陽性だったときのショックが心配なので、検査キットは使わない方がいい。」

と言う人がいます。主に医療関係者です。そりゃ医療の立場からはそう言うでしょう。保健所の人が検査キットがいいよ、何て言うはずがありません。

でも、そんな医療関係の人たちには、HIV検査が怖くて前に進めない人たちの気持ちは分からないでしょう。理屈では分かっていても、怖いものは怖い。どうしても一歩が踏み出せない。

そんな人が保健所や病院に行けないまま、「いきなりエイズ」を発症するより、HIV検査キットを使ってでもHIV検査を受ける方がどれだけましか。私はそう思います。

つまり、保健所には行けないけど、自宅で検査キットならHIV検査を受けられる、と言う人だって大勢いると思うのです。

私は保健所に電話する決心がつくまで3ヶ月もかかりました。でも、その前にSTDチェッカーともっと早く出会っていたら、3ヶ月も立ちすくむことはなかったかも知れません。

今、6年前のSTDチェッカーと出会った日の事を思い出して、そんなことを感じています。

アイコンボタン検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけ。
バナー4

自宅で保健所や病院と同等の信頼性
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりずっと危険!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
(男女共通
・重複感染の検査

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気! 5種類を同時に検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから