新・第四世代バナー

 

HIV感染者、エイズ患者が多く報告されている都道府県はどこでしょうか?最新データからご紹介します。

平成29年(2017年)のエイズ動向が厚生労働省エイズ動向委員会から発表になっています。(平成30年3月16日付)その発表データの中に都道府県別のHIV感染者、エイズ患者の報告データも含まれています。(速報値ベース)

管理人注記:平成29年(2017年)のエイズ動向データ(速報値)を姉妹サイトHIV検査完全ガイド」にて紹介しています。

(甥っ子陽介)おじさん、HIV感染者やエイズ患者の多い都道府県はどこですか?
陽介
(私)陽介、それを最新データで教えてあげよう。
私

(陽介)おじさん、やっぱり東京や大阪みたいな人口の多い大都会にHIV感染者、エイズ患者は多いのでしょうね。

(私)そうだね。基本的には人口に比例するよね。ただ、色んな角度から見ると必ずしも全ての指標が人口に比例しているとは言えないね。

(陽介)そうなんですか。具体的に教えてください。

(私)よろしい。ではまず、平成29年(2017年)のデータから、各都道府県でどのくらいHIV感染者、エイズ患者が報告されたか、表にしてみた。

ついでに昭和60年(1985年)からの累計データも合わせて表にしてあるよ。

◇各都道府県別の新規HIV感染者、エイズ患者の報告件数

区分 新規HIV感染者 新規エイズ患者
都道府県 2017年 累計 2017年 累計
北海道 20
312 15 189
青森県 4 55 2 34
岩手県 1 31 2 34
宮城県 10 142 3 94
秋田県 0 23 0 24
山形県 0 28 1 24
福島県 5 80 7 57
茨城県 9 546 3 329
栃木県 10 256 3 202
群馬県 8 203 5 148
埼玉県 25 553 9 364
千葉県 33 831 17 559
東京都 374 7,391 98 2,217
神奈川県 57 1,321 25 644
新潟県 9 101 0 60
山梨県 4 119 3 52
長野県 12 317 7 207
岐阜県 9 170 3 127
静岡県 11 434 8 216
三重県 7 164 6 95
愛知県 43 1,159 27 603
富山県 5 45 5 36
福井県 0 48 1 35
石川県 3 83 2 40
滋賀県 5 84 5 70
京都府 12 256 10 131
大阪府 125 2,542 52 837
兵庫県 25 431 11 240
奈良県 4 112 3 73
和歌山県 3 69 2 52
鳥取県 2 17 2 19
島根県 0 19 1 9
岡山県 15 156 6 82
広島県 7 231 7 120
山口県 4 68 5 27
徳島県 2 43 3 25
香川県 7 68 4 50
愛媛県 5 83 1 60
高知県 3 43 3 31
福岡県 57 566 24 301
佐賀県 2 35 1 21
長崎県 4 53 2 36
熊本県 9 100 1 63
大分県 3 57 2 31
宮崎県 7 59 4 45
鹿児島県 11 96 7 72
沖縄県 21 243 7 120
合計 992 19,843 415 8,908

(表1)都道府県別新規HIV感染者と新規エイズ患者

(陽介)おじさん、黄色の数字は何ですか?

(私)新規HIV感染者が20人以上、新規エイズ患者が20人以上の件数に色をつけてみたんだよ。やはり人口の多い大都市に集中しているのが分かるね。

(陽介)本当ですね。

(私)ただし、このデータはあくまでも報告地ベースで集計されたものだからね。そこに住んでいる人とは限らないんだよ。

(陽介)え?どういうことですか?

(私)例えば北海道の人が東京に遊びに来て、たまたまHIV検査を受けて陽性になれば、この北海道の人は東京でカウントされるってことだよ。

(陽介)あ~そういう意味ですか。

(私)厚生労働省エイズ動向委員会では報告地ベースだけじゃなく、居住地ベースのデータも公開している。

⇒補足資料①

アイコンボタンSTDチェッカーは保健所や病院と同じ、第四世代のHIV抗原抗体検査です。

アイコンボタン急性期の検査では第三世代の抗体検査より信頼性が高いとされています。

第四世代のHIV抗原抗体検査です!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・第四世代HIV検査
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ

 

(陽介)ところでおじさん、さっき都道府県別の指標で人口に比例しないものがあるって言ってましたよね。それって何ですか?

(私)おじさんが気が付いたのは「いきなりエイズ」の割合だよ。例えば東京は人口が最も多いし、HIV感染者もエイズ患者も一番多い。

ところが「いきなりエイズの割合」で見ると全国平均を大きく下回ってる。

(陽介)え!そうなんですか?意外ですね。

(私)このデータを見てごらん。平成29年に新規HIV感染者が20人以上いた10の都道府県について、「いきなりエイズの割合」を調べたものだよ。

◇いきなりエイズの割合

都道府県 平成29年
北海道 42.9%
埼玉県 26.5%
千葉県 34.0%
東京都 20.8%
神奈川 30.5%
愛知県 38.6%
大阪府 29.4%
兵庫県 30.6%
福岡県 29.6%
沖縄県 25.0%
全国平均 29.5%

表2.いきなりエイズの割合

注)いきなりエイズの割合=((エイズ患者)÷(HIV感染者+エイズ患者))%

表2の通り平成29年のデータで見ると、東京は「いきなりエイズの割合」が20.8%で全国平均の29.5%を大きく下回ってるよね。

(陽介)ホントですね。HIV感染者の報告件数は多いけど、それに比べてエイズ患者の報告件数が少ないってことですよね。

(私)そうだね。つまりHIVに感染する人は多いけど、エイズを発症する前にHIV検査を受けている人も多いってことだね。東京は人口も多いけど検査施設も多いんだね。

(陽介)そうなんですね。それに僕らの町だと保健所は平日の昼間しかHIV検査してないですからね。

しかも毎日じゃなくてひと月にせいぜい4回くらいです。都会じゃ土日や夜でも検査出来るところがありますよね。

(私)確かにね。まぁ、地方はHIV検査を受ける人が少ないから仕方ない面もあるんだろうけど、地方に行くほど利便性は悪いかも知れないね。

それに加えてHIV検査を受ける必要性というか、危機感というか、その差もあると思うよ。

(陽介)どういうことですか?

(私)自分はもしかしたらHIVに感染しているかも知れないと思う人が多いってことさ。

いかに保健所の利便性が良くても、HIV検査が自分には必要だと思わなければ検査に行かないだろう?

(陽介)なるほどそうですね。東京や大阪みたいな大都会ではHIV検査に対する意識が高いってことですね。

(私)まぁ、おじさんの推測だけどね。

(陽介)でもこうして全国の都道府県別にみると、HIV感染者の少ない県って、ホントに少ないですね。

(私)おっと、そこはちょっとカン違いしちゃダメだよ。

(陽介)え?カン違い?どういうことですか?

(私)まず、都道府県別のデータと、HIV感染に対する安全度は関係ないってことが1つ。

陽介の住んでいる県にHIV感染者が少ないからといって、陽介がHIVに感染する確率が低いわけじゃない。

そこ、カン違いしないようにね。

(陽介)あ~それはそうですね。何となく自分が住んでる県にHIV感染者が少ないと安心しちゃいますけど。

だからって自分がHIVに感染しない訳じゃないですよね。

(私)そうだよ。そして、このデータはあくまでもHIV検査を受けて報告された件数だからね。

潜在的なHIV感染者がどのくらいいるのかは分からない。これが注意点の2つめだよ。

(陽介)あくまでも表に出てきた数字ってことですよね。

(私)その通り。だからさっきも言ったけどこのデータで安心しちゃダメだよ。

(陽介)感染予防には十分注意が必要だし、HIV検査も受けた方がいいってことですよね。

(私)そう、それが結論だね。では、今回はこれでお終いだよ。

(陽介)おじさん、ありがとうございました。

新・第四世代バナー

バナー4

第四世代のHIV抗原抗体検査です!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・第四世代HIV検査
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりずっと危険!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
(男女共通
・重複感染の検査

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気! 5種類を同時に検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから







___________________________

補足資料

①居住地ベースの報告件数はこちらから(平成29年分)

『エイズ動向委員会発表データ』

■本文に戻る